SOD宣伝部 入社1年目 浅野えみ(22) AV出演(デビュー)!!

ソフト・オブ・デマンド社は斬新な企画でアダルトビデオ業界をリードする企業で有名です。

そんな会社の宣伝部から現役女子社員がアダルトビデオに出演するというとんでもない企画でデビューしたのが浅野えみです。

今回は彼女のデビュー作品になった『SOD宣伝部 入社1年目 浅野えみ(22) AV出演(デビュー)!!』をご紹介いたしましょう。

発売日は2013(平成25)年3月7日です。

収録時間は230分で主演は浅野えみ・監督は野本義明です。

SODクリエイトからのリリースです。

ドキュメンタリータッチの作品で浅野えみはアダルトビデオデビューをするかどうか悩んでしまいます。

そして会社に連絡せずに無断欠勤をしてしまうのです。

そういった彼女をカメラが自宅もアパートまでおっかけてゆきます。

自宅にはテーブルの上にSODの作品がありました。

彼女は宣伝部ですから家に帰宅してからも作品をチェックしていた真面目な社員であることがわかります。

一番最初の絡みのシーンではメチャクチャ緊張しているのがわかります。

恥ずかしくって恥ずかしくって中々服を脱ぐことができないのです。

SEXシーンは二箇所で「正常位」「騎乗位」「後背位」と典型的な体位でのSEXになっています。

いずれも中出しはなしで、浅野えみのおっぱいへの射精で終わります。

まあいきなりデビュー作、それもSODの社員ですから胸射が精一杯でしょう。

こういったことも演出ややらせじゃないか?——そんな声もありますが、それを言いだしたら作品として楽しめません。

私個人はとても満足できた作品でした。

初々しい22歳のオンナの子の心の葛藤も凄く表現できています。

正直言ってSEXシーンだけでアダルトビデオを見る時代はもう過ぎたと思っています。

そこまでに至るプロセスであったり人間模様を楽しむ——そういったユーザーも増えてきているのではないかと思います。